安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  麻疹(はしか)

麻疹(はしか)

発熱・発疹・咳を主症状とする急性の感染症で、39~40度の高熱が続く重い病気です。うつる力も強く注 意が必要です。 

疫学:麻疹ウイルスで潜伏期は約11日。 飛沫感染(くしゃみや咳などでウイルスが飛び散ってうつります)します。予防接種を受けていない子が麻疹の子と接触した場合、3~4日以内にガンマグロブ リンの注射をうければ発病を防ぐ(または軽症化する)ことができます。  

症状:はじめ熱・咳・鼻水・目やになど通 常の風邪と同じ症状が出ます。この時期には麻疹と診断する事はできません。4日目位に一度熱が下がりますが、半日から1日後に高熱とともに発疹がでます。 発疹はほぼ円形の紅い斑点で5mmくらい。顔からはじまり全身へと広がっていきます。かゆみはありません。約5日くらいで熱もさがり、発疹も消えてきま す。 

診断:発疹がでる前に口の中にコプリック 班と呼ばれる白い斑点(紅い絨毯に塩をまぶしたようなと表現されます)がでます。これが見つかれば麻疹と診断できますが、発疹が出てからは症状からも診断 はあまり難しくありません。 

合併症:肺炎・気管支炎・中耳炎・脳炎な どを合併することがあります。 

治療:麻疹もウイルス疾患ですので、基本 的には対症療法(症状に応じてお薬を使う)が中心となります。合併症の恐れがあるときには抗生物質を使います。重症の場合や合併症の恐れがある場合は、入 院が必要になります。

予防接種:1歳を過ぎるとうけられます。 麻疹は感染力が強い上、10日近くも熱が出て、重症化しやすく子どもにとっては重い病気ですので、早めに受けるようにしてください。

家庭で気をつけること:熱が続きますので熱さましを上手に使ってあげてください。また熱が続くため食欲も落ちますので、水分を中心に消化の 良いもの・口当たりの良いものを中心にあげてください。肺炎・脳炎などの合併症の疑いのある時は入院が必要になりますので、様子をよく観察し心配なときに はお薬が残っていても再受診してください。 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
百日咳
カテゴリートップ
感染症情報
次
溶血性レンサ球菌性咽頭炎

Adachi District Medical Association