安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  風疹

風疹

3日ばしかともいわれ、発熱・発疹・頚部リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性疾患です。幼児期にかかるこ とは比較的少なく、学童に多く見られます。一度かかると終生免疫を得られます(二度とかかりません)。

原因:風疹ウイルスの飛沫感染により発症 します。潜伏期は14~21日。

症状・診断:軽い発熱とともに顔や首など に小さくて赤い発疹がでます。耳の後ろや首のリンパ腺が腫れて押すと軽い痛みがあります。熱は出ないこともあり、風疹以外にも同じ様な症状を示す風邪があ りますので、確定診断には血液中の抗体を調べる必要があります(治ってから2週間位すると風疹に対する抗体価があがってきます)。 

合併症:ごく希に血小板減少性紫斑病、ご くごく希に脳炎。

治療:安静を心がけるくらいで、特に必要 ないことがほとんどです。

家庭で気をつける こと発疹のでる1~2日前から発疹がすっかり消えるまでうつしますので、保育園などの集団生活はお休みさせて下さい。子供に とっては軽い病気ですが、お母さんが妊娠中(特に妊娠三ヶ月まで)にかかると胎児に色々な障害(先天性風疹症候群)を起こしますので注意が必要です。妊婦 が風疹に感染して胎児に影響が出る確率は、妊娠1カ月以内で約5割、3カ月以内で約2割と言われています。 

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
感染症情報
次
百日咳

Adachi District Medical Association