安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

ムンプスウイルスによって引き起こされる病気で唾液腺の1つである耳下炎がはれて痛くなる病気です。

疫学:直接の接触と唾液などを介する間接 接触、飛沫感染により伝染します。潜伏期は14~21日で、耳下腺が腫れる6日前~腫れてから9日目までは移す可能性があると言われています(登校停止期 間は腫れがひくまで)。不顕性感染(かかっても症状がでないことを言います)が30~40%とかなり高率に見られます。

症状:耳の下がはれて痛がります。ふつう 左右ともはれますが、片方だけのこともあります。はれは1週間くらいでおさまります。耳の下(耳下腺)のほか、顎の下(顎下腺)がはれることもあります。 熱は通常出ますが、出ても38度台で3~4日で収まります。でないこともあります。 

診断反復性耳下腺炎との鑑別が問題となります。最終的には血液検査をしてウイルスに対する抗体価があがってい ることを確認しないと確定できません。病気が治って2週間以上たったら、血液検査を受けてください。 

合併症:髄膜炎、睾丸炎、卵巣炎、膵炎、 難聴など。

治療:対症療法(熱や痛みをとるくすりを 使います)。安静が大切。 

予防接種:任意で受けられます。予防接種 の効果は95%ぐらいといわれています。接触してからうけても効果はあまり期待できません。

家庭で気をつける こと:痛みが強いときはかまずに飲めるものを中心に与えてください。熱が続くときや頭痛・吐き気が見られるとき、睾 丸を痛がるときなどは合併症の心配がありますので、まだお薬が残っていても診察を受けてください。  

プリンタ用画面
友達に伝える
前
異型肺炎
カテゴリートップ
感染症情報
次
流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)

Adachi District Medical Association