安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  溶血性レンサ球菌性咽頭炎

溶血性レンサ球菌性咽頭炎

A群β溶血性連鎖球菌という細菌の感染でおこる病気の総称です。

原因:溶連菌が患者の咳やくしゃみで飛び 散り、それを吸い込んで感染します(飛沫感染)。潜伏期は2~5日です。 

症状・診断:38~39度の発熱と共にの どや口の中が炎症をおこして真っ赤になります。その後、赤く細かい発疹が手足や体にでます(口のまわりにはできないのが特徴です)。舌はイチゴの様にな り、唇があれます。嘔吐・腹痛・筋肉痛・関節痛などが見られることもあります。以前は、猩紅熱と呼ばれ法定伝染病でしたが、現在では抗生物質の投与で完全 に治るようになったので、一般の病気として扱われます。

合併症:急性腎炎やリウマチ熱、アレル ギー性紫斑病などを起こすことがあります。通常発症してから約2~3週経過した頃に尿を調べ、合併症がおきていないことを確認します。 

治療:抗生物質を処方します。抗生物質を 服用すると2~3日で熱が下がり、のどの痛みや発疹などの症状は消えますが、溶連菌は残っていて再発したり合併症を起こしたりしますので、10日から2週 間はお薬を続けることが大切なことです。(抗生物質を服用して熱が下がってからさらに2日お薬を飲めば人に うつす心配はなくなると考えられています)。

家庭で気をつける こと兄弟や両親に同じ様な症状があるときは、受診して診察を受けて下さい。のどの痛みや発熱のため食欲がないときは水分を中 心に口当たりの良いものをとらせて下さい。くれぐれもお薬を勝手にやめないように気をつけて下さい。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
麻疹(はしか)
カテゴリートップ
感染症情報
次
みずぼうそう(水痘)

Adachi District Medical Association