安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  手足口病

手足口病

手のひら、足の裏、口の中に小さな水ぶくれできる病気です。水ぶくれはおしりやひざにできることもありま す。一度かかってもまたかかることがあります。

病因:コクサッキーA16型、A10型、 エンテロウイルス71型など何種類かのウイルスが原因として知られています。

疫学:春から秋にかけてみられ、6~7月 がピークです。6歳以下の小児に多く、3/4は3歳以下です。潜伏期は通常3~5日。伝染期間は急性期から数週間で、便・気道分泌物による伝染します。隔 離は不要(伝染期間が長く、軽い病気なので隔離する意義が低いため)です。

症状:口、手、足、膝、お尻などに水ぶく れができます(口の中をのぞき、痛くもかゆくもないことがふつうです)。熱はないか、あっても微熱程度。口の中の水泡が痛くて食べられないことがありま す。

治療:特別な治療しなくてもほとんどの場 合自然に治りますが、熱があるときや、口の中を痛がるときはお薬をもらってください。全治まで約10日かかります。

家庭での注意: 口の中が痛いときは、しみないものをあげてください。熱いものや味のきついもの(特に酸味・塩味の強いもの)はさけて。食べたがらないときは水分だけでも OKです。元気なら幼稚園・学校にいってもかまいませんが、口の中を痛がる間は、おうちで見てあげてください。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)
カテゴリートップ
感染症情報
次
りんご病(伝染性紅斑)

Adachi District Medical Association