安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  突発性発疹

突発性発疹

1歳くらいまでにほとんどの子どもがかかるポピュラーな病気で、3~4日高熱が続いた後、体に発疹がでま す。

原因:ヒトヘルペスウイルス-6が原因と されています。そのほか、エコー18・コクサッキーB5といったウイルスでも同じ症状がみられることがありますので、多くはありませんが、2度目の突発性 発疹ということもあります。感染経路はよくわかっていませんが、両親などみじかな人からの水平感染という意見が出されています。

症状:突然39度~40度の高い熱を出し ます。生まれて初めての発熱であることが多く、3~4日続きます。高熱のため、熱性けいれんをおこすことがあります。下痢がみられることはありますが、鼻 水・咳などの症状は通常ありません。熱が下がると体の中心部に発疹がでます。発疹は、かゆみもなく通常3日くらいできれいになくなります。熱の割に食欲も 機嫌もまあまあというのも特徴の一つです。 

診断:臨床経過から診断されます。熱がさ がり、発疹がでた時点で診断が確定します。逆に、発疹がでるまでは、診断がつきません。

合併症:希に脳炎・肝炎を合併することが 知られていますが、ほとんどないと考えていてもいいくらいです。

治療:特に治療しないでも自然に治る病気 ですが、高熱がでることが多いので、解熱剤を上手に使ってあげることが大切です。

家庭で気をつけること初めての高熱でびっくりするかも しれませんが、熱がでたときの対処法を参考に様子をみてあげてください。食事は特にいつも通りでかまいませんが、熱がでてますので水分は十分に。発疹がで てからの入浴ですが、うすくなりはじめたら入浴OKです。水分もあまりとらずに元気のないときは、お薬が残っていても再受診してください。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
りんご病(伝染性紅斑)
カテゴリートップ
感染症情報
次
ヘルパンギーナ

Adachi District Medical Association