安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザとは:インフルエンザウイルスによって引き起こされる病気です。インフルエンザウイルスに はA型(A香港、Aソ連など)・B型・C型の3つのタイプがありますが、流行するのはA型とB型です。その年により流行する型が違い、また同じ型でも毎年 微妙に変化します。

疫学:人から人に、直接の接触と空気感染 により伝搬します。感染力が強く、家中みんなでかかることが少なくありません。潜伏期は1~3日。

症状:普通の風邪に比べて症状が重く、寒 気を伴った39度以上の高熱が3~5日続き、鼻水・咳などの症状に加え、筋肉痛・関節痛、嘔吐・下痢などの胃腸症状を伴うことが多いのが特徴です。

診断:症状などからインフルエンザを疑 い、簡易迅速診断キットによる検査を行うことで、比較的簡単に診断することが可能です。

合併症:細菌の二次感染による中耳炎・気 管支炎・肺炎など。

治療:インフルエンザウイルスの増殖を抑 制する抗インフルエンザ薬が数種類発売され、インフルエンザと診断された場合には、この抗ウイルス薬を使うことができるようになりました。軽症の場合に は、対症療法(症状をやわらげる治療)で経過を観察することもあります。

予防接種:インフルエンザの場合、毎年そ の年の流行の型を予測し、それに基づいてワクチンを作ります。最近は予測の精度も向上し、ワクチンの質も良くなってきていますので、特に重症化しやすい高 齢者や乳幼児ではワクチンの接種を受けることをおすすめ致します。しかしインフルエンザウイルスは同じ型でも毎年微妙に変化しているために、予防接種を受 けたから絶対インフルエンザにかからないとは言えませんが、種々のデーターからは、発症の確率が低下しまた、罹患した場合でも重症化を防ぐことができるよ うです。

家庭で気をつける こと:無理をしない(させない)で、休養を十分とることが大切です。二次感染の危険はふつうの風邪の時より高率です ので、完全に良くなるまできちんと治療を受けましょう。 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
ヘルパンギーナ
カテゴリートップ
感染症情報
次
咽頭結膜熱(プール熱)

Adachi District Medical Association