安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱(プール熱)

のどと目が真っ赤になり高熱が出る病気です。夏にプールを介して学童の間に流行する事が多いことからプー ル熱と呼ばれています。 

原因:アデノウイルスの接触感染が原因で おこります。潜伏期は5~7日。伝染期間は潜伏期後半~症状が消失するまで、学校保健法による登校停止期間は主要症状がなくなってからさらに2日。

症状・診断:38~39度の熱が4~5日 間続き、食欲不振、咽頭炎によるのどの痛み、結膜炎のため目が真っ赤になり目やにがでます。はきけ・腹痛・下痢・咳などが見られることもあります。  

治療:特別な治療法はありませんので、対 症療法(症状を抑える治療)が中心となります。風邪の時と同じように家の中で静かに過ごします。脱水症に気をつけ、まめに水分を与えて下さい。 

家庭で気をつけること熱が続きますので、熱さましを上 手に使い、脱水症に気をつけて下さい。伝染力が強いので、患者とタオルを共用しないなど予防にも努めて下さい。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
インフルエンザ
カテゴリートップ
感染症情報
次
RSウイルス感染症

Adachi District Medical Association