安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  RSウイルス感染症

RSウイルス感染症

RSウイルスは、呼吸器官に、とりつくウイルスです。乳幼児の気管支炎や肺炎をしばしばおこす病原体 です。

疫学:毎年、秋から冬にかけて流行を繰り 返しています。大きくAグループとBグループに分けられますが、型が多種類あり何度でもかかります。乳児から大人までかかります。

症状:咳、鼻水、発熱などです。ぜんそく 発作のような呼吸困難になることもよくあります、1週間以上かかることがしばしばです。

診断:鼻汁での迅速診断キットがありますが、 保険適応は入院の3歳未満児のみです。
年長児や大人は鼻汁検査で分からないことも多く、血液検査も必要になるようです。

合併症:未熟児、新生児では、無呼吸発 作、肺出血などです。乳幼児では、細気管支炎、肺炎などをおこし重症化することがしばしばあります。脳炎脳症、副鼻腔炎、中耳炎も知られています。「気管 支ぜんそく」との係わりも深いようです。

治療:日本では、抗ウイルス薬の治療は行 われておりません。抗生物質は効きません。対症療法となります。重症な場合は入院が必要です。

予防接種:ワクチンはまだ開発されていませ ん。モノクローナル抗体を用いた予防注射はあります。完全に予防はできませんが、重症化を防ぐ効果があります。効果は約1月間です。非常に高価ですが未熟 児などのハイリスク児には保険適応が認められています。

家庭で気をつける ことマスクと手洗いの励行をお 願いします。乳幼児の場合は発熱がなくても重症のことがあります。呼吸状態、哺乳状態に気をつけてください。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
咽頭結膜熱(プール熱)
カテゴリートップ
感染症情報

Adachi District Medical Association