安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  2017  >  第35週(H29. 8.28~H29. 9. 3の地区別データーとコメント
第35週(H29. 8.28~H29. 9. 3)の地区別データーとコメント
地区別データー
疾患名 合計 二本松 本宮 大玉 福島 郡山 その他
麻疹 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0
水痘 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 2 0 1 1 0 0 0
百日咳様疾患 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 13 8 4 1 0 0 0
マイコ感染症 1 1 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 18 15 2 1 0 0 0
手足口病 57 27 12 14 4 0 0
伝染性紅斑 1 1 0 0 0 0 0
突発性発疹 2 1 0 0 1 0 0
ヘルパンギーナ 23 22 0 0 1 0 0
A型インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0
B型インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0
MCLS 0 0 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 1 1 0 0 0 0 0
RSV感染症(参考値) 22 17 3 1 1 0 0
今週のコメント
気候の変化を感じます。空気が冷たく、重く感じられます。RSウイルス感染症が減少傾向ですが、気候の変化にともなってまた上昇傾向になるのか心配です。先日、4歳のお子さんが咳、鼻水、熱で来院されました。幼稚園でRSウイルス感染症が流行っているので、検査してもらうように言われたとおっしゃいました。RSウイルスの迅速検査は、4歳のお子さんは保険適応外となりすべて自費診療となりますし、呼吸困難、肺雑音なしの風邪症状の4歳のお子さんはたとえRSウイルス感染症でも対症療法であること、インフルエンザのように出席停止期間などは設けられていないことなどからお断りしました。ルーチンで検査するようなことはあり得ないのです(笠井)
プリンタ用画面
友達に伝える
前
第34週(H29. 8.21~H29. 8.27の地区別データーとコメント
カテゴリートップ
2017
次
第36週(H29. 9. 4~H29. 9.10の地区別データーとコメント

Adachi District Medical Association