第 5週(H30. 1.29~H30. 2. 4)の地区別データーとコメント
地区別データー
疾患名 合計 二本松 本宮 大玉 福島 郡山 その他
麻疹 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0
水痘 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 0
百日咳様疾患 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 22 17 4 0 0 0 1
マイコ感染症 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 15 11 4 0 0 0 0
手足口病 1 0 0 0 1 0 0
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 0
突発性発疹 4 4 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 0
A型インフルエンザ 70 30 26 6 8 0 0
B型インフルエンザ 317 196 85 21 11 1 3
MCLS 0 0 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 0 0 0 0 0 0 0
RSV感染症(参考値) 3 1 1 1 0 0 0
今週のコメント
今週も麻疹や風疹、水痘、流行性耳下腺炎の発生はありませんでした。溶連菌感染症は二本松でやや多くみられます。感染性胃腸炎は報告があるものの比較的落ち着いております。インフルエンザの報告はさらに増加しており、特に二本松市でのインフルエンザBの増加が目立ちます。  インフルエンザの流行が続いております。外出後の手洗いや十分な休養とバランスのとれた栄養などに心がけ、咳がある場合には人に向けて咳をしない、マスクを着用するなど、引き続き感染の予防に注意してください(吉田)