第 8週(H30. 2.18~H30. 2.24)の地区別データーとコメント
地区別データー
疾患名 合計 二本松 本宮 大玉 福島 郡山 その他
麻疹 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0
水痘 1 0 1 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 0
百日咳様疾患 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 19 17 2 0 0 0 0
マイコ感染症 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 20 16 3 0 0 0 1
手足口病 0 0 0 0 0 0 0
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 0
突発性発疹 1 0 1 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 0
A型インフルエンザ 25 15 9 0 1 0 0
B型インフルエンザ 157 95 47 11 3 1 0
MCLS 0 0 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 1 0 0 1 0 0 0
RSV感染症(参考値) 5 0 2 3 0 0 0
今週のコメント
今週も麻疹と風疹の発生はありませんでした。水痘が本宮市から報告されております。溶連菌感染症は二本松市で多くみられます。インフルエンザの流行は続いており、B型の割合が多くなってきましたが、前週に引き続き、減少傾向です。  インフルエンザの流行が続いており、引き続き手洗い等による予防に気をつけてください。3月も近づき、スギ花粉の飛散が徐々に多くなってきますので、花粉症をお持ちの方はかかりつけの先生などにて相談してください(吉田)