安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  2018  >  第24週(H30. 6.11~H30. 6.16)の地区別データーとコメント
第24週(H30. 6.11~H30. 6.16)の地区別データーとコメント
地区別データー
疾患名 合計 二本松 本宮 大玉 福島 郡山 その他
麻疹 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0
水痘 2 0 2 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 0
百日咳様疾患 0 0 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 10 9 0 0 1 0 0
マイコ感染症 0 0 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 38 27 7 2 2 0 0
手足口病 1 1 0 0 0 0 0
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 0
突発性発疹 3 1 2 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 2 2 0 0 0 0 0
A型インフルエンザ 6 5 0 1 0 0 0
B型インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0
MCLS 0 0 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 2 2 0 0 1 0 0
RSV感染症(参考値) 8 4 2 2 0 0 0
今週のコメント
(吉田)今週も麻疹と風疹の発生はありませんでした。水痘が本宮市で散見されます。溶連菌感染症が二本松市で増加しております。感染性胃腸炎は全域で報告されておりますが、先週より減少傾向です。手足口病とヘルパンギーナが報告されるようになりました。インフルエンザAの発生は続いております。  夏かぜとして代表的な手足口病とヘルパンギーナがみられるようになりました。ワクチンはありませんので、日常的な手洗いが予防となります。特にこれらの病気に罹った場合はしばらくの間、排泄物の取り扱いに注意が必要とされています。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
第23週(H30. 6. 3~H30. 6.10)の地区別データーとコメント
カテゴリートップ
2018
次
第25週(H30. 6.17~H30. 6.23)の地区別データーとコメント

Adachi District Medical Association