第26週(R 1.6.16~R 1.6.22)の地区別データーとコメント
地区別データー
疾患名 合計 二本松 本宮 大玉 福島 郡山 その他
麻疹 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0
水痘 5 5 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 0
百日咳様疾患 1 1 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 7 3 4 0 0 0 0
マイコ感染症 8 8 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 42 27 11 2 2 0 0
手足口病 49 20 26 3 0 0 0
伝染性紅斑 5 3 2 0 0 0 0
突発性発疹 4 2 2 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 11 11 0 0 0 0 0
A型インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0
B型インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0
MCLS 2 2 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 3 2 0 1 0 0 0
RSV感染症(参考値) 2 2 0 0 0 0 0
今週のコメント
今週も麻疹と風疹の発生はありませんでした。水痘が二本松市から報告されております。感染性胃腸炎が全域で多くみられます。手足口病が流行してきました。  梅雨明けはまだですが、夏となり、虫に刺され子どもを見る機会が多くなりました。当地区では蚊などが媒介する感染症は現在のところありませんが、虫刺されをきっかけにとびひになることはあります。虫に刺されそうなところに外出するときはその対策にも注意してください。(吉田)