安達医師会は福島県の中程、福島市と郡山市の中間に位置する二本松市、本宮市、大玉村の3市村の医師が参加している医師会です
メインメニュー
トップ  >  感染症情報  >  2010  >  第19週(平成22年5月10日~5月16日)の地区別データーとコメント
第19週(平成22年5月10日~5月16日)の地区別データーとコメント
地区別データー 今週のコメント
疾患名 二本松 本宮 大玉 松川 その他
GW後は数日寒い日が続きました。そりゃ体調崩しますよね。いやんなっちゃいます。
おたふくかぜが目立っています。3月の中頃からずっとみられます。潜伏期間が2週間くらいと長いこと、発症前から感染源になり得ること、臨床的にその診断が難しいことなどから感染の広がりを押さえ込むのが容易ではないかもしれません。おたふくかぜの治療は対症療法で抗ウイルス剤などありません。無菌性髄膜炎の合併が時にありますので、全身状態や症状の変化、悪化に注意をはらい経過をみてくださいね。(笠井)
麻疹 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0
水痘 3 4 0 0 0
流行性耳下腺炎 11 1 3 0 0
百日咳様疾患 0 0 0 0 0
溶連菌感染症 9 2 2 0 0
異型肺炎 0 0 0 0 0
感染性胃腸炎 43 8 4 1 1
手足口病 1 0 0 0 0
伝染性紅斑 3 0 0 0 0
突発性発疹 1 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 1 0 0 0 0
A型インフルエンザ 0 0 0 0 0
B型インフルエンザ 0 0 0 0 0
MCLS 0 0 0 0 0
咽頭結膜熱 1 0 0 0 0
RSV感染症(参考値) 4 0 0 0 0
プリンタ用画面
友達に伝える
前
第18週(平成22年5月3日~5月9日)の地区別データーとコメント
カテゴリートップ
2010
次
第20週(平成22年5月17日~5月23日)の地区別データーとコメント

Adachi District Medical Association